基本情報技術者試験を簡単に合格する方法を公開します+勉強方法[2020年]

こんにちは、現役大学生のけーぷろです。
ブログを毎日更新しています。

基本情報技術者試験の合格率が20%と聞いて、合格するの難しそう。

専門学校行かないと受からない?

効率の良い勉強法分からない😭

簡単に合格する方法ないの?

専門知識の覚えることが多くて挫折する。

こんな悩みを解決していきます。

この記事の信頼度

私は基本情報技術者試験を二回受験して合格しました。
一回目は高校生の頃に受験して、勉強するのがめんどくさくてノー勉で受験したら、普通に落ちました。

大学に入って真剣に勉強してから、約2ヶ月で基本情報技術者試験に合格しました。
真剣に勉強してから気付いたのですが、基本情報技術者試験は簡単です。

合格率2割ですが、その数字に騙されないでください。

基本情報技術者試験の合格率2割の壁はたかい?

結論から言うと、この数値は嘘に近いです笑

理由は、最後まで勉強する人が少ないからです。
私も高校の時に遊び程度で受験しましたが、そのように記念受験する人がかなり多いです。
午後問題の時間帯になると、午前問題の時より人数が減っているぐらいです笑

なので、合格率2割と聞いて不安になると思いますが、実際は最後まで勉強していない人が8割なので安心してください😌

基本情報技術者試験を簡単に合格する手順を公開

私は独学で基本情報技術者試験を合格しました。
中には専門学校に通って合格する方もいます。

正直、専門学校行くほど難しい試験ではないので自力で勉強しても、全然受かります。

それでは私が実践した基本情報技術者試験の簡単に合格した方法を公開します。
主な流れはこんな感じです。

ロードマップ

分かりやすい参考書を一冊を二周する

過去問を解きまくる

分からない問題は参考書を見返して理解する

このサイクルを繰り返して、基本情報技術者試験を楽に合格できます。

もっと詳しく基本情報技術者試験の勉強を紹介します。

基本情報技術者試験の勉強のコツ

合格率が2割で諦めた人が8割と言いましたが、基本情報技術者試験を諦めずに勉強するためのコツを紹介します。

最後まで諦めないための4つのコツを説明していきます

メイン参考書で合格するか決まる

基本情報技術者試験は使っている参考書によって合格するか決まります。

まずは、基本情報技術者試験を諦める人の特徴がこちらです。

基本情報の勉強を諦める人の特徴
  • 専門知識が多すぎて覚えるのめんどくさい
  • 計算問題が意味分からない
  • 参考書が分厚すぎる

基本情報技術者試験は実務経験をしていない人からすると、意味分からない用語が多すぎて嫌になりますよね。

それを解決するのが、薄くて分かりやすい参考書を使って勉強することです。

専門知識を暗記するために、分厚い教科書や参考書を書いたくなるのですがそれは絶対やめてください
量が多すぎてすぐに挫折します笑

薄くて見やすい参考書で十分な話

基本情報技術者試験を勉強するために、たくさん説明が書いている参考書を買おうとする人が多いですが、間違っています。

分厚い参考書を購入しても、全て試験には出題しません!
最低の知識だけを覚えて確実に点数を取ることで、楽に合格できます。

おすすめの参考書

過去問を解いている時に間違えた問題は確認する

確認作業をしているかで、合格ラインはグッと伸びます。

間違えた問題を見直すのめんどくさい

私も勉強が苦手で、間違えた問題を見返すのが苦手でした。

そこで間違えた問題をすぐに確認できる良いサイトがあります。
知っている人が多い「過去問道場」です

 

このように問題が出題されます。

間違えると、すぐに下の画面に答えと解説が出てきます。

これで、通学や隙間時間に気軽に勉強することができるので勉強が苦手な方でも大丈夫だと思います。

間違った問題は過去問道場ですぐに見直して理解度を深めましょう!

午後問題は時間を意識して勉強する

基本情報技術者試験の午前問題が6割取れるようになってきたら、午後問題の対策をしましょう。

午後問題の難しいところは「時間」です。
基本情報技術者試験の午後問題は150分で、大問7つ解きます。

と言うことは、、大問一つあたり20分で解きます笑

ゆっくり解いていると時間がなくなります。
なので、過去問演習で常に時間を測りながら問題を解いていきましょう!

午後問題は文章の読解力が試されいる

基本情報技術者試験の午後問題は国語のテストだと思っていいです笑

専門知識も必要ですが、それ以前に文章の読解力の方が大事です。
午後問題は文章にヒントが隠されており、しっかり読めば難しくないです

どうやって合格ラインまで伸ばせるか

  • 午前問題の過去問が6割超える
  • 午後問題を時間内に読み込む

この二つがしっかりしていれば、必ず合格ラインまでいけます。
午後問題を読んでも何を言っているのか分からない人は午前問題の勉強をやり直しましょう。
無理やり午後問題を解いても点数は伸びません

基本情報技術者試験の午後問題は同じ問題が出ないので、勉強しない人が多いです。
この記事を読んでいる人は午後問題も勉強しましょう!

問題は違っても解き方は同じ

問題の内容は毎年違いますが、解き方は同じです。
どこにヒントが隠されていて、どう言う風に読めば効率いいのか理解していれば、点数は高くなります。

そのために午後問題を勉強する必要があるのです。
午後問題を勉強するのに、先ほど紹介した「過去問道場」はおすすめしません。
理由は解き方の説明がないからです。専門知識の説明はあるのですがどのように解くのかと言う説明がないので、点数が伸びづらいです。

そこでおすすめの問題集を紹介します。


午後問題の参考書はこの本で間違いないです!!

最後に

以上で基本情報技術者試験の簡単に合格する方法を終わります。

最後に勉強期間だけ説明します。

毎日勉強すれば二週間で合格できる話

今回教えたことを、毎日勉強すれば最短で二週間、最低でも3ヶ月あれば合格すると思います。

もちろん1日の勉強時間によって合格ラインは変わります。
1日に10時間勉強すれば、2週間で140時間勉強できます。
1日に2時間勉強すれば、約2ヶ月で140時間できます。

140時間も勉強すれば確実に合格ラインまでいけると思います

計画的に勉強して、基本情報技術者試験を簡単だったと言えるように頑張りましょう!

それでは終わります。ありがとうございました。

他にも基本情報技術者試験の記事やプログラミングコンテンツも公開しているので良かったら見てください。

アーカイブ