基本情報技術者試験のおすすめの参考書+2ヶ月で合格する方法

こんにちは、現役大学生のけーぷろです!

今回は基本情報技術者試験をノー勉で受験して2割しか取れなかった自分が2ヶ月詰め込んで合格した方法を紹介します。

私はプログラミング知識が少しあり、それ以外の知識は全くない状態からスタートしました。何回もインプットとアウトプットの繰り返しで合格したのでそれまでの手順を説明します!

合格するまでにかかる時間

基本情報技術者は100〜200時間と言われています。しかし、人によって大きく異なるので合格するのに半年の人や早くて1週間で合格する人もいます

ある程度実務をしていた人は一週間で合格できると思いますが、まだ実務も何もしたことない人は2ヶ月以上はかかります。

1日3時間勉強すれば2ヶ月後にには180時間なので十分に合格ラインまで到達しますね

用意するもの

  • 分かりやすい基本情報技術者試験の参考書*1
  • 基本情報技術者試験の過去問*1
  • パソコンまたはスマートフォン

この3つさえ揃っていれば十分に対応できます。メイン参考書は一冊で十分です!

その一冊を極めましょう。

分かりやすい参考書

基本情報技術者試験の参考書は薄い大きさからかなり分厚い本まであります。何を選んでいいか分かりませんよね

おすすめなのはイラストが多いのをおすすめしています!基本情報技術者試験の内容は聞いたことないような内容が多く、理解しにくいのでイラストをみて覚えていくのがいいと思います

私が実際に使っていたのはかんたん合格基本情報技術者試験教科書です。そんなに分厚くないので読みやすいです
これだけで午前対策は完璧になりますよ!

メイン参考書は一冊で十分です!

基本情報技術者の午後問題の過去問集

次は午後問題の過去問集です!

基本情報技術者の午後問題は文章を読んで理解していく読解力が非常に重要になるので、説明をしっかり書いてある過去問集をおすすめします!

ネットに過去問があるのですが説明が少ないので理解不足になる可能性があります。ネットの過去問で十分な人は買う必要はありません。

私が実際に使っていたのは「基本情報技術者問題集[午後問]」です。非常に丁寧な説明書きなのでとても理解しやすいです!

参考書は紹介した2冊で十分です!

スマートフォンまたはパソコン

これは午前問題の過去問勉強に使います!

なんと基本情報技術者試験はネットに過去問が全て用意されています!

過去問https://www.fe-siken.com/fekakomon.php

午前問題はこの過去問を解いていくのがメインとなります!

午前問題対策

午前問題は80問で四択になっています

内容は簡単な問題から少し難しい問題と様々です。まずはインプット作業から入りましょう

メイン参考書を2周する

まずは購入した参考書を一度最後まで読んで見ましょう!

初めは分からないことだらけなので無理して覚えないようにしましょう!

「こんなことがあるんだー」ぐらいで全然大丈夫です!

一周目でどんなジャンルやITの基本的なことを少し知れたかと思います。

一周が終われば次に二周目に入ります!

二周目は難しかった所や理解しにくいところを深読みしましょう!でも無理して覚える必要はないです。どうしても分からない所は飛ばしましょう!

私は参考書を一周するのに一日に一週間を目処としてしていました。なのでこの時点で2週間もあれば2周はできると思います!

午前問題の過去問を解きまくる

インプット作業が終われば次はアウトプット作業です!

先ほど紹介した過去問道場の問題を解きまくりましょう。

午前問題は解いていったら分かるのですが、似たような問題が多く主題されます。多くの過去問を解けば解くほど理解が深まります。

過去問を解いていく際に全く分からない所が出ると思います。分からない箇所が出たら参考書で調べましょう!この再確認が非常に大事です!!

再確認を多くすればするほど記憶していきます!焦らずに頑張りましょう

過去問の数は最低でも5年分は解きましょう。私は自信がなかったので全部の過去問を隙間時間に解いていました。隙間時間でも解けるので移動中に過去問を少しずつ解くのでも効果があります!

午前問題の過去問は試験当時まで勉強になることになると思います。1日に40問(40分ぐらい)解いていけば午前問題は合格ラインまで達成できます!!

午後問題の対策

午前問題の知識をある程度理解できたら午後問題の対策をしていきましょう!

午後問題はプログラミングの問題が必修になります。プログラミングの基礎をある程度理解できれば普通に解けるので諦めずに頑張りましょう!

午後問題の過去問の解き方

午後問題の問題集の解き方を解説します!

午後問題は午前問題の知識の読解問題です。なので午前問題の知識が無かったら解けないので午前問題は常に学習しましょう!

午後問題は150分の時間内に7つの問題を解くので、一つ当たり20分で解く必要があります!かなり時間が短いです。

なので問題を解く時に時間を意識して解いてください。20分以内に解けるように問題を解く訓練が必要です。

ここで間違えた所が分からない所は参考書で再確認することを忘れずに!!

得意なジャンルを見つける

午後問題はセキュリティとアルゴリズムとプログラミングが必修になります。この解説は後ほどします。

必修以外に7つのジャンルから4つ選択して問題を解いていきます

ここで選択肢の中から自分が得意なジャンルを見つけていくことが大事になります

「この問題なら絶対満点取れる!」と言えるぐらい自信あるジャンルを見つけましょう。見つからない場合は「このジャンルなら理解できそう」というのを極めていけば効率よく合格ラインまで上げることができます

必修問題の勉強(プログラミング)

次に必修問題対策の話をします

セキュリティに関しては暗記すれば問題を解けるので、分からない人は暗記が足りないので暗記していきましょう

アルゴリズムとプログラミングのことを全く知らない人はいきなり問題を解いたら混乱すると思います。

昔ならプログラミングの分厚い本を読んで勉強するのが主流でしたが、今は情報社会なのでいろんな所に情報が飛んでいます!その情報を活かしていきましょう!!

おすすめサイトhttps://www.javadrive.jp/cstart/

このサイトで「プログラムの基本構成」から「文字列」まで学習すると十分だと思います

このサイトで「for文いまいち分からないな」「配列の並び替え分からん」という疑問が出ると思います。プログラミングの分からないコードはgoogleやyoutubeで検索すると超詳しく解説してくれているサイトがあるので調べましょう!

常に調べる癖をつけよう!

この午後問題の学習はプログラミングを勉強している人は半月から1ヶ月あれば理解できると思います。プログラミングを初めて勉強する人は1ヶ月は最低でも見積もる必要があります。

1日中プログラミングを詰め込めば理解できるので焦りながら勉強すればすぐに習得できます!

ゆっくり理解したい人はあまり丁寧な学習にならないように注意しながら学習するといいです。for文などに3日ほど悩むのはもったいないです。徐々に覚えていきましょう

まとめ

これまでに説明した工程を終えた人は試験まで毎日最低でも過去問1年分解いてください。

勉強を終えて満足するのではなく、試験に合格して満足できるように最後まで突き進みましょう!

これまでに説明してきた手順をまとめます!

  • 参考書を二周する(0日から14日)
  • 午前問題の過去問を解く(14日から試験当日まで)
  • 午後問題の過去問をとく(15日から試験当日)
  • 午後問題のプログラミングを勉強する(1週間)

私はこのスケジューリングで2ヶ月で合格することができました

私の場合は学校が春休みで暇だったので毎日勉強時間に使うことができましたが、中には社会人や他の勉強をして基本情報技術者試験の勉強時間を取れない人もいると思います。

そのような人は3ヶ月から半年ぐらいは見積もりながら勉強するといいと思います。

しかし、短い期間にインプットとアウトプットする方がモチベをあげたまま試験に受験することができるのでダラダラ勉強しないよう注意が必要です!

最後に

基本情報技術者を合格すれば転職や就活でアドバンテージになる資格なので取って損はしない資格です!

取ると決めたら最後まで諦めずに勉強しましょう!

勉強すれば誰でも合格ラインまで到達できる試験なので、難しくて挫折しても何回も解く気持ちで挑むといいです。

以上で終わります!ありがとうございました!

アーカイブ